岩山にしがみつき歯を食いしばる

アンケートなどで、「起業家」のことを聞かれたら、アナタはどう返答する?「好奇心」って、人それぞれで受け止め方が千差万別かもしれないね。

コンテンツ

怒って大声を出す君と夕立

以前、入社して多くの仲間に囲まれて属していた。
しかし、年数がたつにつれて、仲間とチームワークを組んで働くのが向かないと痛感した。
残業の時間が長く、チームプレイで行うので、仕方のない事だが、噂話が多数。
うわさを聞きたいと思えば世渡り上手になれるのかもしれない。
何を聞いても、放っておけば?としか思えないのだ。
そして、作業がスローな人に合わせるという努力ができない、早い人に合わせられない。
そもそも努力が足りない!と思うだろうが、家族には運命なのだと言われた。

陽気に話す兄さんと俺
今更ながら、ニンテンドーDSに熱中している。
最初は、TOEIC対策に英語漬けや英語関係のソフトを使っていたのみだった。
だけど、電気屋さんでゲームソフトを選んでいたら他の物に目移りしてしまい、気に入るとすぐに欲しくなってしまう。
スーパーマリオやマリオカート、逆転検事などなど。
変わったソフトで、旅の指さし会話帳も売れているらしい。
これだけあれば、移動中などのちょっとの時間にも活躍しそうだ。

雪の降る仏滅の午前は冷酒を

明日香は、大学ですぐ仲良しになった友達だ。
彼女の素敵なところは、受け入れの幅が広くて、小さなことは、気にもしていないところ。
私の方から、仲良くなろうと言ったそうだが、たしかに、そんな気がする。
一緒に出掛けると、ほとんどの事が小さくなるので、とてもほっとする。
シャープでスキニーなのに夜、おなかがすいてハンバーグを食べに車を走らせたりするらしい。

具合悪そうに叫ぶ君とぬるいビール
離れた里で暮らす私の母も孫の為として、すごく一杯お手製のものを仕立てて送ってくれている。
アンパンマンがたいそう気にいっているのだと伝えたら、話したキャラの生地で、作ってくれたが、縫物の為の生地の価格がものすごく高価でびっくりしていた。
裁縫するための布は縦、横、上下の方向があり手間だそうだ。
だが、たっぷり、作ってくれて、送ってくれた。
孫娘はとってもかわいいのだろう。

じめじめした週末の夕方はビールを

花火大会の時期なのに、しかし、今住んでいる位置が、リゾート地で毎週夜に、打ち上げ花火が打ち上っている、すでにあきてしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週末、花火を打ちあげているので、苦情もわんさかあるらしい。
私の、家でもドンという花火の音がうるさすぎて自分の子供がパニックで涙を流している。
一回、二回ならいいが、暑い時期に、毎週末、どんどん音がなっていては、うざい。
さっさと終わればいいのにと思う。

雨が降る日曜の夜に料理を
北方謙三さんが書いた水滸伝の人間くさく男気熱い登場人物が、原作の水滸伝の108人になぞらえて、主要なキャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の登場人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
作中人物に人間的な弱さがうかんでくるのもそして、魅了されていたわけだ。
心が弱いなりに自分の夢とか未来の為に極力奮闘しているのが読みふけっていて楽しい。
読んでいておもしろい。
だが、魅了されるキャラクターが悲しい目にあったり、希望がやぶれていくストーリーも心にひびくものがあるからひきつけられる歴史小説だ。

涼しい金曜の明け方に座ったままで

出張営業に行けば、一週間くらい帰れないこともある。
とても、やる気はあるけれど、とても緊張しているので、毎日2時間睡眠。
起きる時間のずいぶん前にもかかわらず、眠いのに目が覚める。
しかし、帰宅した時の達成感は素晴らしい。
思う存分遊びまわるし、眠れるし、食べる。

悲しそうに話す兄弟と冷たい雨
版画やフォトといった芸術が結構好きだし、デッサンも自信があるのに、撮影がとても苦手だ。
でも、前は一丁前に、レフを重宝していた時もあり、どこに行くときにも絶対持ち歩いたりした。
信じられないくらい焦点が合ってなかったり、センスが見られないアングルなので、カメラがかわいそうだった。
そう思ったけれど、カメラや現像は凄く最高にカッコイイと思っている!

ひんやりした祝日の夕方に立ちっぱなしで

学生の時、株の取引に好奇心をもっていて、購入しようかとおもったことがあるのだけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買える銘柄は限られていたから、あまり魅力的ではなかった。
デイトレードにも関心があったのだけれども、しかし、頑張って稼いでためた貯金が簡単になくなるのも怖くて、買えなかった。
楽天証券に口座はつくって、銀行口座から動かして入れて、ボタンを押すだけで購入できる状態に準備までしたけれど、怖くて購入できなかった。
頑張って、働いてためた貯蓄だから、他の人たちから見たら少額でも大きく減ってしまうのは怖い。
けれども一回くらいは買ってみたい。

凍えそうな大安の夕暮れに熱燗を
最近のネイルは、スカルプチュアなど、素晴らしく高い技術が駆使されているみたいだ。
多少安くしてくれるインビテーションをくれたのでサロンに向かった。
私は、カラーやデザインに対して、こだわってしまうので、決定するのに時間を要した。
親指に簡単なアートをしてもらって、その日は機嫌がよくなった。